会社情報

会社概要(2017年5月末より新社屋に移転しました)

□会社名    株式会社小林製作所
□所在地    岐阜県関市池尻897番地5
□電話     0575-29-3181
□FAX     0575-29-3182
□代表取締役  小林 一彦
□資本金    300万円
□設立     平成元年7月
□事業内容   金型設計・製作・射出成形(プラスチック)

本社外観

沿革


1985年
個人事業主として開業
1989年
有限会社小林製作所設立
1996年
水中ワイヤ放電加工機導入 VISI(CAD/CAM)導入
1997年
立形マシニングセンターGF8導入
2004年
SPACE-E(CAD/CAM)導入
2005年
工場増築
牧野NC高速マシニングv77導入
韓国へ金型手配スタート
2006年
三菱NC放電EA12V導入
VISI(3D設計)導入
中国へ金型手配スタート
2007年
株式会社に組織変更
平面研削盤導入
2008年
牧野NC高速マシニングV55導入
2009年
本社に、130tトライ用成形機導入
愛知県小牧市にて成形工場増設
岐阜県産業経済振興センター「改善アドバイザー派遣」依頼
2011年
成形工場を小牧より岐阜へ移転
2012年
ソディック製ワイヤ放電加工機、成形機M350C-DM導入
FBC上海2012(日中ものづくり商談会)出展
2013年
ALPHA製金型補修用レーザー溶接機
放電加工機導入
Sodick製MC430Lリニアモーターマシニングセンタ導入
中国上海に事務所設立
FBC上海2013(日中ものづくり商談会)出展
2014年
小林一彦社長就任
本社工場増築
旋盤、トヨタフォークリフト導入
FBC上海2014(日中ものづくり商談会)出展
2015年
金型用3次元CAD/CAM(VISI Machining3D)1台追加
射出成形機550t(東芝機械IS550GS-59A)導入
FBC上海2015(日中ものづくり商談会)出展
2016年
FBC上海2016(日中ものづくり商談会)出展
2017年
本社・成形工場移転
岐阜県関市池尻897番地5 にて移転
・KEYENCE製 3次元測定機導入
・Sodick製 高速細穴加工機導入
・FBC上海2017(日中ものづくり商談会)出展
2018年
立形マシニングセンタ-導入
ワーク測定機導入
4.8ton天井式クレーン導入
2019年
230ton電動式射出成形機(耐摩耗スクリュー搭載)導入
2020年
『清流の国ぎふ健康経営』宣言
2021年
成形工場本社北に併設
10ton+5ton天井式クレーン導入
ダイスポッティングプレス導入
850ton電動式射出成形機(耐摩耗スクリュー搭載)導入
350ton電動式射出成形機(耐摩耗スクリュー搭載)導入
『健康経営優良法人2021 』認定取得
『事業継続力強化計画令和2年度』認定取得
サプライチェーン対策

お客様に安心していただける体制づくりの1つとして、大型金型製作の海外依存体制から地場の事業所と協力して『国内・社内での内製化』を進めています。

災害時用の防災用品備蓄
セコムAED設置(本社内)

中濃消防組合による救命講習
を全員受講

感染予防対策

インフルエンザ予防接種補助
マスクの備蓄、体調チェック