製造工程


金型製作の流れについて

自動車部品だけではなく、様々な金型を製作させていただいております。長年培ってきました、多種多様な経験を生かしお客様に喜んでいただけるモノづくりを目指しております。 経験したことのないような製品でも、勉強させていただきながら挑戦させていただきたいと考えております。


金型設計

金型設計は、お客様から頂いた製品図面または製品データをもとに金型を設計し、その図面を通じて、製造現場に加工の指示をします。 金型そのものの出来を左右する、当社の要(かなめ)のセクションです。 コストや品質はもちろん、金型の耐久性やメンテナンス性、成形品の用途や性能なども考慮して、金型構造を決めていきます。
現在当社では、金型専用の3次元CADを導入して、3次元設計を推進しています。




加工技術は、金型設計から受け取ったデータをもとに、3次元CAD/CAMを駆使して、製造現場の加工機を無人で動かすための加工データを作成・供給します。 設計と製造現場をつなぐコーディネーター役を担い、金型の仕上がり品質や精度を左右する重要なセクションです。 加工面の仕上がり具合と加工時間などのコストのバランスを考えた仕事が求められます。


設備機材

3次元CAD/CAM SPACE-E /CAM SPACE-E/MODELER  1台
VISI/Modellig system VISI/Machining 3D 3台
2.5次元CAM  1台

受取可能データ

二次元(DWG DXF)   三次元(IGS STEP PARASOLID)